刑事ドラマは山ほど作られてますが常に新しいものが出てくるのがアメリカのテレビドラマ。ベストセラー作家リチャード・キャッスルが主人公、ニューヨークの女性刑事ベケットとの軽妙なやり取りが楽しいドラマです。

作家が事件に協力するというのは日本でもよく見られるパターンですね。特に2時間ドラマでよくみます。起こる事件もXファイルのような特殊なものではなくごくごく一般的な殺人事件。際立って特徴のない設定なのですがおもしろいのは、主役ふたりの会話が楽しいせいでしょう。こういうおしゃれな会話を同僚とできると職場も楽しそうなんですけどね。

ほんものの小説

ドラマ中でキャッスルはベケットを題材にニッキー・ヒートを主人公とした小説を発表します。それが現実の本となって発売されました。第1弾のHeat Waveは2009年に発売されてトップ10入り。2冊目のNaked Heatは2010年に発売されて初登場7位とこれまたヒット。3冊目のHeat Risesも今年9月に発売となるようです。ドラマ中では、本の中ではあつーいラブシーンもあると言ってましたがどうなんでしょう。読んでみたいですね。

 

Sorry, the comment form is closed at this time.

related news
© 2012 海外ドラマFAN Suffusion theme by Sayontan Sinha