« クリスピー・クリーム・ドーナツ | Main | 月桂樹のお花 »

March 28, 2009

マカロンのコツ

マカロン二回目に挑戦ですたい。
前回の課題でもあった、コーンスターチなしの粉糖を自由が丘のクオカでゲットできたので。
粉糖はキロあたり400円弱と意外にも安かったので1キロのを買ってしまった。

そして、今回は分量を少なめにしてココアと抹茶のをつくってみることに。
結果・・、前回よりかは前進したが、やっぱり成功とはいえない、プチ失敗でした。
今回のポイントとしては、

・メレンゲはこれでもかってほどあわ立てる。もういいかもって思ったところから、3分位さらに泡立てた方が良かった気が。
・マカロネージュは、最後に絞り袋で天板に出す際にも気泡がつぶれるので、もう少しかなというところでやめる。20~25回くらいか。
・絞り袋の口金は小さめの方が良かった。
・前回もそうだが、なるべく小さめに絞る。どうせ後で広がるから。
・天板にクッキングシートを敷く際、縁があがったりしないよう平らにする。
・かなり膨らむといか、広がるので間をあける。頑張って1回で焼こうとしないこと。
・1回目は高温200度で2、3分。ピケがいい感じに出たら、温度を下げること。
・2回目はオーブンの温度があがっているので190度でする。
・抹茶の場合は、焦げがでたので、温度に気をつけ、上部にアルミホイルを乗せる。
・奥が焼けすぎるので途中天板の向きを変える。もしくは、次回は温度を変えてみるか。ちなみに、右手前が一番焼けない。うーん、駄目なオーブン。。。
・焼きあがったらシートから無理に剥がそうとせず、荒熱が取れるのをじっくり待つ。(当たり前・・)

以上を踏まえて、3回目は成功させます!
ガンバ!(死語)

macaron2.jpg

Posted by chiezo at March 28, 2009 12:19 AM