« June 2006 | Main | August 2006 »

July 24, 2006

軽井沢プチ旅行 ~2日目

ベッドが合わないせいか、なかなか寝付けず、何度も起きてしまった。
9時に朝ごはん食べて、朝風呂して(朝も一人で広々でした)、荷物をまとめてチェックアウト。
あいにく、今日は雨模様で散策とかができなく、致し方なしで、旧三笠ホテルに行った。
多分同じ考えの人が多いのか、午前中なのに、なかなか人がたくさんいた。
当時としては画期的な洋式水洗トイレに英国製タイルなど、歴史を感じさせるものがいっぱい。
中でもカーテンボックスやワードロープにもあった、MHとロゴがステキだった。
玄関入ってすぐにある二つの階段といい、お嬢様な雰囲気が満載で、
こんな家に住みたいよーって思ってしまいました。

その後、もう一度アウトレットに行ったら、駐車場がいっぱいで入れなかったから、
そこまでお腹は減ってなかったのだけど、ジャズの流れるお蕎麦屋の川上庵へGO。
とてもモダンなつくりでお蕎麦もおいしかった。
お蕎麦を食べ終わって、もうやることもないので東京に帰ろうかなと思って、
またアウトレットの前を通ったら今度は駐車場に入れたので、昨日行けなかったEASTのお店をチェック。
迷ってたセリーヌのサンダルは売れてしまったようでもはやなかった。。
プラダのバッグで惹かれるのがあったけど、夏の旅行のことも考えて、我慢がまん。
結局、私はワコールで下着を買い、アンタクンはJUNでシャツを買って出ました。

高速に乗って一路東京へ。途中寝てしまったけど、道はさほど混んでなく、無事に帰宅。
今回の旅はアンタクンが全部運転してくれたからとっても楽ちんでした。ありがとう、アンタクン。

1泊2日の短い旅ではあったけれど、都会から離れて軽井沢という避暑地に行って、かなり頭がすっきりしました。
軽井沢の青々した緑に囲まれ、澄んだ空気を吸うだけで癒された。
マイナスイオンすごいんだろうな。ココロが洗われた気分です。
土日があいたらいきなりでもいいから、こういうプチ旅行に行こうと思ったのでした。

旧三笠ホテル
060824_Mikasahotel.jpg

Posted by chiezo at 2:43 PM

July 23, 2006

軽井沢プチ旅行 ~1日目

7月の週末+UQを使い軽井沢へ1泊旅行に行きました。
朝早起きをしてレンタカーを借り、一路軽井沢へ。
ナビが使えないとか高速の出口を間違えるとか小さいトラブルはあったのもの、
無事に軽井沢に到着。
今回のお宿は旧軽井沢の老舗旅館、「つるや旅館」。
芥川龍之介とか、何人もの文豪が訪れた宿だそう。
入ってみると、昔っぽくも懐かしい雰囲気が漂っていて、老舗感がある。
ロビー至るところに置物があるのって、古い感じ。
部屋自体は狭いけれど、品があった。
つくづくサイトやパンフの写真に騙されてはならぬなとは思ったけどね。。

荷物をおいて、旧軽井沢をぶらぶら散歩。
ジャム屋さんやら、蜂蜜屋やら、ソーセージだの、同じような店がいっぱいありました。
宿近くのパン屋さんでちょっと腹ごなしをしつつ、どんどん奥へ歩いていったら、軽井沢駅の近くにきてしまったので、そのまま軽井沢プリンスのアウトレットに行っちゃいました。
軽井沢プリンスのははじめてだったのだけど、つくりはどこも一緒かなぁ。
御殿場の方が店の面積も敷地も広くてよいですな。

まずはファッション系のお店を探索。特に何もないなと思っていたのだけど、
アーノルドパーマーで白いシャツと、トッズでパンプスを買ってしまった。
あと、レゴショップで、R2D2のキーホルダー。
我ながら、すごい取り合わせだ。全くセンスに一貫性ナシ。はっはっは。

帰りは歩き疲れてたので、タクシーで旅館に帰った。
ついたらすぐに夕食の時間で1Fのお部屋へ。
突き出しから、刺身から焼き物、揚げ物、煮物・・とどんどんお食事が運ばれてきて
すぐにお腹がいっぱいになってしましました。
でもなかなかおいしかったです。
正直、これといって印象に残ったものはないけれど、及第点。

その後、お風呂に入ったらだーれもいなくて、一人で広いお風呂を独占!
さほど広くはないお風呂だけど、一人だったので、泳いじゃいました。
はーっ、極楽ごくらく。

その後は、フロントでドラえもんのビデオ借りて、(ちょっと恥ずかしかったけど、
ドラえもんの誕生秘話がわかったから見てよかった)お風呂にはいって就寝。

つるや旅館の晩ご飯
060823_tsuruyaryokan.jpg

Posted by chiezo at 2:42 PM

July 21, 2006

バリに決定!

今年の夏休みはどこに行こうかと迷っていたのですが、結局バリにしました。
何気なくバリ紹介雑誌を買って、アンタクンをその気にさせました。
バリはいま、プライベートヴィラの建築ラッシュなようでで、泊まってみたいヴィラがいっぱいあった。
もちろん、いつかフォーシーズンやアマンに泊まりたいけれど、今回は予算も考えた上で、7日間で15万程度という一線を引いて探してみた。(じゃないと、去年のランカウイのように金銭感覚おかしくなってしまうからね。。)

候補にあがったヴィラは、スミニャック、クロボカンにある

スミニャック・スイート
ドゥスン
バンジャール

などなど。

本当はウブドとビーチ、どっちも行くツアーがよかったから、ウブドも色々と調べたのだけど、どうにも納得する組み合わせがなかったのと、途中で移動するのもめんどくさそうだったのでやめた。
関係ないけど、ウブドのハンギング・ガーデンってヴィラのWEBが斜面庭園って直訳だったのにはウケたなぁ。

で、決定したのはバンジャール。
決め手はプール付きで新しかったのと、各部屋から無料インターネット接続があったところ。
本当は、場所的にもドゥスンが良かったのだけどネット接続はゆずれなかった。
アンタクンがどうしても仕事で必要だったからだけど、どこに行くにも、事前にネットで調べられるのは楽チンだしね。

はぁー、楽しみ、たのしみ。
8月末に出発なんだけど、テロや地震がありませんよーにと願います。

Posted by chiezo at 6:27 PM

IN HER SHOES

連休中にアンタクンとIN HER SHOESを見ました。
キャメロン・ディアスがかわいかった。結構年いってるはずなのに、あのチャーミングさと、
バディにはグっときてしまいますな。

話の内容は、頭はいいけどちょいデブでかわいくないまじめな姉と、頭は悪いけどきれいで奔放な妹の
姉妹ケンカをお祖母ちゃんがとりなして、お互い成長していくって話。

この映画でよかったのは、やっぱりシャーリー・マクレーン。存在感が違う。
かなり年取ったなーって印象を受けたけど、ステキな年の重ね方をしているなぁと思いました。
着ている服がパステルぽい色でとても華やか(派手?)だったんだけど、全然負けてない。
厳しい中にもニコっと笑ったところが、最高にキュートでした。
日本の派手なおばあちゃんは品がない印象を受けることが多いけど、こうありたいものです。

話の中でとっても納得したのが、靴は食べ物や服と違って、どんな自分でも受け入れてくれるとこ。
たしかに、お菓子食べても残るのは罪悪感だし、ちょーステキな服でも自分に似合わなかったり、
サイズが合わないこともある。
その点、足はどんな体型でもそんなに変わらない(はず)だから、好きなものを選べる。
超ミニスカートなんて絶対はけないけど、すんごい高いピンヒールは履けないこともない。
私の場合、足の土踏まずがえぐれているから、その部分が合わなくて断念する場合が多いけどね。

そんなわけで、映画を見終わった時、Jimmy Chooの靴が欲しくなったのは言うまでもありませぬ。
この前表参道ヒルズで見た時、軽く10万くらいして心臓飛び出たけどね~。

Posted by chiezo at 6:12 PM

July 20, 2006

結婚式@グランドハイアット

はじめてのグランドハイアットでの結婚式。友人のKちゃんの待ちに待った挙式です。

用意をたらたらしてたら出発が遅くなりぎりぎりで、4Fの式場に入った。
式は人前式で壁が竹なのか木なのかちょっとオリエンタルな雰囲気。
花嫁は入場してから正面に立っただけで泣いてしまい、つられてつい自分も涙ぐんでしまったよ。
でも式自体は意外にさくっと終わり、そのまま3Fの披露宴会場へ。

コリアンダーというお部屋で開催されたのだけど、その会場はちょっと前に他の方が披露宴をしていたところ。
式の前に通路を間違えて他人の終わりかけの披露宴の前を通ってしまったのだけど、
まさかそこが次の場所とは思わなかったよ。。
30分あまりの時間でお片付けとセッティングをして、次の式を始められるんだね。
多分、同じ時間帯に、6組×午前、午後・・とかでまわしているのだろうけど、
舞台裏のバタバタはすごそうなのが容易に想像できた。。すごいなー。

披露宴自体はそんなに奇をてらった趣向はなく、穏やかな中に笑いも涙もあり、つつがなく終了した。
ご飯はイタリアン系でなかなかのおいしさ。さすが、日本最先端のホテルだ。
更衣室で地方から出てきたおばさま方がここはすごいわね~、海外のセレブはみんなここに
泊まるんでしょう・・とか話していた。やっぱり、地方の人には絶大なる憧れと信頼感があるんだろうな。

私のホテル選びの基準としては、トイレがキレイなのはもちろんなこと、
空間が広かったり、ちょっと座るソファーの座り心地のよさとか、そういうのが大事だと思う。
古いホテルは接客は年季が入っている分素晴らしいけど、設備の先進さには欠ける、
新しいホテルはその逆。グランドハイアットはOPENしてちょうど3年くらいだからちょうど良い感じなのかも。

9月には帝国ホテルでの式に呼ばれているから、そっちも楽しみだわ。

Posted by chiezo at 3:36 PM

July 8, 2006

岩盤浴 ガイアストーン 学芸大学

店の前を通りかかって以来気になっていた、岩盤浴スパの「岩昌DETOXスパ ガイアストーン」。
今日はじめて行ってみました。前に当日予約をしたら夜しか空いてなかったのだけど、
運よく夕方の希望時間が空いていた。

予約時間ちょうどに着いたら、自分以外にも2人受付をしていて人気があること実感。
受付を済ませ、いざ岩盤浴へ。
まず、作務着に着替えて、化粧を落とす。クレンジングも色々なのが揃っていて、迷う。Illumeと迷ったけれど、はじめてSUQQUのを使ってみた。
温泉にあるようなどうでもいいクレンジングじゃなくて、こういう心配りが嬉しいね。
その後、サウナへ。岩盤のあるベッドが10個並んでいて、6台は低音、残りの4台は高温だそう。高温が埋まっていたので、低音で5分うつ伏せをしてからじーっと30分くらい仰向けになって寝た。本当は10分くらいで休憩するみたいなんだけど、元来汗の出にくい体質なので30分でも平気だった。その後10分休憩して、今度は高温ベッドが空いたので、高温へ。高温は熱かったー。
それまでの低音ではうつらうつら眠れたんだけど、高温は熱くて眠れない。その代わり、腕や足から汗が出ているのがわかるほどぐっしょりと汗をかいた。
時間ぎりぎりまでねばって、シャワーを浴びて、終了。脱いだ作務着の背中とお尻部分の色が変わっていて、汗をかいた証拠をみたらちょっと嬉しくなった。
現代人は冷暖房のせいで毛穴が縮まって汗をかけない人が多いということだけど、まさに自分がその通り。極度の冷え性で真夏でも手足が冷えているのをどうにかしたい。
岩盤浴とかゲルマニウム温浴を続けて代謝をよくしたいものです。

ガイアストーンはまぁまぁ値段も安かったので、月に2回くらいは続けたいな。
そして、学大にヨガスタジオができることを心待ちにしています・・。
きっと金持ちマダムが多いからうけると思うんだけどなー。


岩晶デトックススパ GAIASTONE (ガイアストーン)

〒152-0004
東京都目黒区鷹番3-12-8 市川学芸大ビル2F
TEL: 03-3713-3585
営業時間 11:00~22:00(最終受付 20:00)

Posted by chiezo at 11:58 PM

Kate Spade のファミリーセール

土曜にケイト・スペードのファミリーセールに行きました。
渋谷で11時からだったので、普通に11時過ぎに着いたら、長蛇の列。
50分くらい待ってよーやく中に入れたのだけど、はっきりいって
何も欲しいものがなかった。
定番モノでもない変な色の同じようなバッグがずらーっと並んでいて、
ほんと、在庫処分といった感じ。

今期のゴールドの籠のクラッチバックがあったら欲しかったのだけど、、
多分元々なかったんだろうな。もっと早くにいけばよいものがあったのだろうか。。
で、ずっと欲しかったipod miniケースのゴールドを購入しました。
まぁ元々ipodケースを買おうと思っていたし、よかったってことで。
半額ってあんましお得感がないのだけどね。
(アウトレットとかにも同じものがわんさかありそう・・・)

お昼は、Maison GALERIE VIEに行って、上のカフェでご飯食べて、
下のお店でエディターズバッグとカーキの半端丈パンツを買いました。
そして、その後はじめて表参道ヒルズにいったらあまりの混みようにびっくり。
ささっと見ただけで何も買わずに帰ってきちゃいました。
正直、たいした店もなかったし、どうしてあんなに人がいるのだろうと疑問です。
単なる観光スポットなのかな。
昔の同潤会アパートと同じような建物があって嬉しかった。
あの草木が鬱そうと茂った中の鄙びたアパートが好きだったからね。

Posted by chiezo at 11:52 PM