« はじめてのジンギスカン | Main | 三沢堂 学芸大学 »

December 11, 2005

12月のお料理教室 (SALUSの取材付き)

12月は急遽、お料理教室に東急沿線のフリーペーバー"SALUS"の取材が入ることになり、先生が私たちのチームをその撮影メンバーに選んでくれたので、本日実施することになった。

2月に掲載されるとのことで、テーマはXmasではなくバレンタイン。

今日のメニューは、

・ハムとチーズのテリーヌ(みたいなの)
・ラザニア
・豚肉のロール巻
・サラミチョコレート

約束の時間に行ったらすぐに取材が入ってしまい、てんやわんやで教えてもらいながら、撮影も受けて作業を進めた。

先生もいつになくちょっとテンパっていたので、実はお料理の仕方があんましわからないまま進んでしまった。
今日は、最初に説明もなかったしね。

でも、ラザニアではじめての生パスタを打ったのだけど、つかれたー。
(ほぼ先生と他の子がやってくれたのだけどね)
今まで食べたラザニアのパスタって、結構厚さが太めだったけど、これはパスタ生地を伸ばして伸ばして、うすーくするのです。
パスタマシーンを使うのだけど、この機械なしでは、無理だ。。
ミートソースはあらかじめ先生が煮込んでおいてくれて、ベジャメルソースを作って、器に2種類のソースとパスタをぴったり隙間を作らずに乗せていく。
以外にも神経を使う作業でした。
出来上がりを撮影した後だったので、試食できたのがすっかり冷めてしまった後だったのが残念だけれども、おいしかったー。
ラザニアはこってり重~いってイメージだったけど、ミートソースに入っている香味野菜がきいているし、パスタ生地も薄いし、ベジャメルソースも濃すぎず、なんだかミルフィーユのような感じでした。
おウチでパスタ生地を作るのは大変そうだけど、ソースだけ自分で作って家で作ってみようと思ったのでした。
パスタ生地がなくてもソースを作ったり、焼いたり手間はかかるけど、パーティー料理に喜ばれそうだしね。
SALUSに載るのが楽しみなり。

051211_cooking.jpg

Posted by chiezo at December 11, 2005 11:53 PM