« F1日本GP思い出し日記 ~決勝 | Main | 擬似Sex and the City? »

October 10, 2005

F1日本GP思い出し日記 ~総括

去年から2回目のF1だけど、2005年はとてもおもしろかった。
正直なところ、去年は勢いで鈴鹿まで来て、よくわからないまま見ていたのよね。。(アンタクン、ごめん)

今年は去年以上に観客席が同じ思いを抱えている一体感みたいなものを感じた。
よく、サッカーや野球でスポーツバーとかにファンが集まって試合を見てるてけど、はっきりいってその心があまり理解できなかった。友達とだったらわかるけど、見ず知らずの人とってねぇ・・と思っていたけど
同じ目標というか同じ的に向かって心を一緒にしている人の連帯感は強い。

私がF1というスポーツが好きなのは、エンジンとか速さじゃなくて(つーか、そういうメカなことは全然知らない…)、ドライバーとメカニックの人と、戦略考えるチームと、それらをサポートするたくさんの人たちの努力が結束して1レース1レースを戦っているというところ。
だからこそ、自分のドライバーが勝った時には、スタッフが子供のように大喜びしてるんだよね。そういうシーンがたまらなく好きなのです。

それって、子供の頃の合唱とかブラスバンドとかみんなで作り上げる音ってすごいな!と思う鳥肌のたつ感動に似ているような気する。
大人になると自発的に何かに参加しないと機会がないので忘れていたけれど、きっと近いはず。
今は、お仕事でチームで一緒に作業をしているけれど、何かみんなの得意分野をいかしてハーモニーを作り上げるとかそんな感じになればいいなぁ。
誰か誘ってピアノで連弾とかしてみようかな。

ともかく、待ちに待った2005年の鈴鹿もあっとゆーまに終わってしまい、残るは
目標を失った喪失感だけ…。
その後抜け殻のような脱力感を思うと、何か生きる糧みたいなエサを掲げないとなぁー。
次は遅い夏休みだっ!

Posted by chiezo at October 10, 2005 7:21 PM