« F1日本GP思い出し日記 ~予選 | Main | F1日本GP思い出し日記 ~総括 »

October 9, 2005

F1日本GP思い出し日記 ~決勝

ついに日本GP決勝の日。
ピーカンとまでいかないけれど、まずまずのお天気で雨は降らなさそう。
我らが琢磨が予選5位だったので、期待できるのではないかと胸が高鳴る。
今年はお祓いをした方がいいと思うくらいずっと不調だったけど、上位陣が
下位になったせいで、去年や一昨年の成績を上回れる可能性もあるし。

昨日と同じくタクシー>近鉄名古屋>白子>タクシー>鈴鹿サーキットというルートで到着。
昨日に比べて、入り口付近にも中に入っても圧倒的に人が多い。
人をかき分けかき分け中に入る。今日もマクラーレンの帽子を一応探したが、跡形もなかった。。しょぼん。(昨日は子供用ならあったのにな・・)

もう買うものはないので、観客席に直行。
1時間位前から観客のためのイベントが開始。
選手が古い各種オープンカーに乗って、手をふってくれます。
誰に対しても歓声があがるのだけど佐藤琢磨の時は異常なくらいすごかった。
自分も(>_<)!!!って感じで大興奮だったが、周りもすごかった。
鈴鹿にいる15万人の日本人のほとんどは琢磨を応援していると思うけど、
ここまでの観衆に注目されるってすごいことだよね。

いよいよレースがはじまってワクワクドキドキは最高潮に達した。
スタートで一気にF1カーが駆け出して・・琢磨は!と思ったら、BARの車が1台
1コーナーで飛び出した。バトンであることを祈ったけれど、位置からいって
琢磨であることには間違いなく、観客全員があうぅ~と頭を抱えた。
結局ビリからの再出発で、モントーヤのクラッシュでセーフティーカーが
入ったからチャンス!と思ったけれど、トゥルーリと接触するなど、もう
すったもんだで琢磨は終わってしまった。。残念でした。
でも、今回よかったのは、1コーナーでのオーバーテイクがいっぱい見られたこと。
目の前で元チャンピオンのシュー・ミー抜かれる様を見て、世代交代を感じた。
一番最後の見所のライコネンがフィジケラを抜かしたとこなんて、総立ちで
絶叫でした。
さすがライコネン!かっこいーねー。女子にモテルのもわかります。うんうん。

レースを見終わって、表彰台はパスしてさっさとサーキットを後にして、F1マートまで歩き、そこからタクシーで津駅まで。
快速まで時間があったので、お土産を買って、名古屋では駅弁買って帰京しました。
家に着いたのが21時頃だったので、今回はとても効率的に動けました。パチパチ。

Posted by chiezo at October 9, 2005 6:02 PM