« Kitchen Bar 学芸大学 | Main | すし屋の芳勘 学芸大学 »

September 18, 2005

9月のお料理教室

9月のお料理教室です。
前回が韓国料理だったので、イタリアンは実に2ヶ月ぶり。
今回は1名が旅行中でこれなかったので、アンタクンが試食に登場しました。

お部屋にあがったら、今日は先生のだんな様がいました。
ちゃんとお顔を見たのは初めてだったんだけど、かなりステキだった。
美男美女の大人な夫婦ですなー。と余談はおいておいて・・と。

今回のメニューは

・青海苔の入ったフリット(のようなもの)
・パプリカにオリーブとか色々詰めたロール巻き焼き
・ボンゴレパスタ
・やりイカのトマト煮
・半固めアイスクリーム(格闘技の技みたいだ)

まず、冷やすのに時間のかかるアイスクリームから作業。
砂糖と水を煮立ててカラメルを作ったら、(決して焦がさないことが重要)
乾煎りしたナッツにかけて、固まるまで待ってバリバリ割る。
生クリームを8分立てにして、卵白を固めに泡立てて、二つを
混ぜ合わせ、カラメルナッツを混ぜる。
そして、バットに入れて冷やす。

フリットは、フランスパン用の強力粉と薄力粉をふるいにかけてから、
ぬるめのお湯に溶いたイースト菌を入れてべったんべったんこねる。
ボールの中で投げてはこね、投げてはこね、ちくっしょーって感じで
かなりストレス解消になったぜ。
その後、塩と青海苔を加えて、油で揚げます。

パプリカの方は、オーブンで一度焼いて後、皮をむいて、横3cm幅
くらいに縦に細長く切る。オリーブとその他の材料をフードカッター
でみじん切りにしたら、その材料とパン粉をパプリカいれて巻いて、
楊枝でとめる。その後オーブンで焼きます。

ボンゴレはこれまた、今までのイタリアンレストランで食べたことの
ないようなもので、基本的な材料は同じなのだけど、オリーブを
焦がさないとか、完熟したプチトマトを入れるとことかが新鮮でした。

やりイカの方は、トマトソースにイカを入れて煮るだけというシンプル
なものでした。(多分)

お料理の中では、パスタが一番好きだったのだけど、今回はなんといっても
あと、パプリカの詰め物が残って、それをフランスパンにつけて食べたのが
おいしかった。
正直なところ、イカはそんなに好きじゃなかった。
一番は、アイスクリームが最高だったところです。
お腹がいっぱいで死にそうだったのにも関わらず、全部たいらげちゃった。
アンタクンもおいしそうで何よりでした。

にしても、アンタクンがいるにも関わらず、本人の話題とか
先生の旦那の話しをするというところが、この会のいいところですな。
隠し事はナシなのです。


今日のお料理
cooking.jpg

Posted by chiezo at September 18, 2005 7:04 PM