« 鳥政 学芸大学店 | Main | 沖縄料理 “Relieve” in 学芸大学 »

July 19, 2005

20世紀少年読破!

連休のナカビである、日曜の朝、早めに目が覚めてしまい、アンタクンはぐーぐー寝ているので、
つまんないからテーブルの上にあるアンタクンの「20世紀少年」に手を伸ばしてみた。

元々少年漫画はあまり読まないのだが、モノによっては(スラムダンクとかバカボンドとか)
はまっていたが、これも一気にはまりました。

午前中に読み始めて、朝ごはん食べて、その後も出かけるまでずっーと読んで、お出かけの
電車とカフェでも読んで夜眠いのにまだ読んで、次の日も朝から読んで、夕方に読み終わりました。
話は今のところ、大きく3部くらいに分かれていた。
初期の頃は最初は登場人物の説明が多いのもあって読むのに時間がかかったけど、
3巻あたりから、かなり加速した。

ありえないような話なんだけど、なんか現実味がある。
多分、1970年と、現在をいったりきたりしているから、そー感じるのなかにゃ。
ありえないと言ったけど、第2次世界大戦時の日本もヒトラー時代のドイツとかの
ことを考えると、そんなことないんだろうなぁとも思う。こわっ。

ストーリーを知りたくて一気に読んでしまったので、今度はじっくり読るんだもん。

20世紀少年 ―本格科学冒険漫画 (19) ビッグコミックス

Posted by chiezo at July 19, 2005 11:34 PM