« 29ニク到来! | Main | お料理教室第3弾 »

June 22, 2005

バースデーディナー

バースデーイブの0時は、会社で迎えてしまったので(ふぅ)、
当日は5時半に会社をあがらせてもらいました。
(きっともうこんなことないであろう・・)

駅に着いたらアンタクンが迎えにきてくれた。そう、今日、アンタクンは会社を
早退して、私のバースデーの準備をしてくれたのだ。うるる・・いい奴。
まだちょっと時間が早かったのでガクダイをフラフラ歩いてから、前から気になっていた、
寿司屋「sio」へ。ドアを開けたら、既に予約でいっぱいとのことで、諦める。
というか、平日の19時前なのに、もういっぱいってことは、かなりの人気店なんだろうな。
いつか絶対行ってやる。
寿司を食べたい気分だったので、行きたかったもう一件の、「すし屋の芳勘」へ。
そしたら、なんと水曜が定休日でした。。残念。

気を取りなおして、当初の候補店に入っていた、南仏フレンチの「オリヴィエ」へ。
少し前にランチコースを食べにきたのだけど、夜ははじめて。
前菜と肉料理、魚料理、デザートのついた5000円のコースを頼む。

スパークリングワインで乾杯をして、まずは前菜から。
最初のうにのコンソメジュレみたいなのは、コンソメの味にムフーンと、うにのかほりがした。
実はあんましうには好きでないので、アンタクンのと交換。

魚料理はすずきのソテー、スパイスのきいたソースに夏野菜がたくさん入っていました。
肉は、牛肉の赤ワイン煮と自家製タリアッテレにお野菜。
どちらもボリュームたっぷりでおいしかったー。お肉は柔らかくて、濃厚な感じでした。

最後のデザートはベリーのケーキ(プロバンス地方の代表的なケーキだそう)と、
メロンのシャーベット、自家製タルト、麦茶(たしか)のブランマンジェ。
最後の紅茶も飲めないくらいお腹いっぱいだったのに、ペロリと平らげてしまいました。

締めに出てきた、プチフールはお持ち帰りさせていただきました。

そして、ウチに帰ったら、アンタクンがヒマワリの花束と、バースデーケーキを
用意しててくれました。うれすぃー。金運アップの黄色のヒマワリなのだ。

しかし、ワインを少量しか飲んでいないのに、眠くて眠くてソファーで1時間ほど
爆睡してしまいました。ホントならば、アンタクンと語り合うはず(?)だったのにな。。

オリヴィエには、季節ごとにいってみたいと思う。
次は、夏の真っ盛りの時に行きたいな。

bd.jpg

Posted by chiezo at June 22, 2005 11:43 PM