alog

I just want to be inspired. — Jerry Maguire

Skip to: Content | Sidebar | Footer

真のトップドライバーとなったアロンソ

24 April, 2005 (22:55) | f1 | By: akhy

サン・マリノGP決勝は近年まれに見る接戦となりおもしろかった。予選で失敗したM.シューマッハだが、トゥルーリのペースが伸びず数珠つなぎとなったおかげで3位までの差がなくなったのはラッキーだった。

1度目のピットインで一気に3位に上がったあとのシューマッハのペースはすさまじかった。1ラップ2秒の差があったとはいえ、抜きにくいイモラで周回遅れを利用してJ.バトンを抜き去った。これまでシューマッハはピットを利用した順位アップが目立っていたがコース上でも抜けるのね。

2度目のピットではアロンソを抜くことができず、コース上での勝負となったのでますますおもしろくなった。シューマッハに追われた場合ほとんどのドライバーがミスをして自滅していくが、アロンソは周回遅れにあえて追いつかず冷静にガードしつづけた。

シューマッハが引退したあとのF1を引っ張るドライバーがなかなか出てこなかったが、今回のアロンソのパフォーマンスは次世代F1のリーダーとして十分なアピールになったのではないかとおもう。

モナコでのセナ対マンセルを思い出すほどいいレースだった。

サン・マリノGP 決勝結果
1. F.アロンソ
2. M.シューマッハ
3. J.バトン
4. A.ブルツ
5. T.佐藤
6. J.ビルヌーブ
7. J.トゥルーリ
8. R.シューマッハ

Similar Posts

    None Found

Write a comment